40歳を過ぎると上達が止まる理由と対処方法

テニスは40歳を過ぎると極端に上達速度が鈍化します。
この傾向はどのスポーツにも言える事ですが、テニスは見た目以上にハードなスポーツの為に、余計に顕著にこの傾向が現れます。

 

では、なぜ、40歳を過ぎるとテニスはとても難しくなるのか?
まずはその原因について考えてみましょう。

 

まず、容易に考えられるのは体力、筋力の衰えです。
私達の身体は年齢と共に老化します。
どんなにトレーニングを習慣にしていても、老化を防ぐ事は出来ません。
せいぜい少し遅らせる程度です。

 

年齢を重ねると筋力はもちろんの事、心肺機能や視覚、聴覚などの五感機能を含めて全てが衰えていきます。

 

先ほども、お話ししたようにテニスは見た目以上にハードなスポーツです。
ボールを追いかけ、打ち返す体力、筋力も必要ですが、ただ、打てば良いだけではなく、ボールをイメージ通りに操る為に腕や脚はもちろんの事、上手く全身をコントロールする必要があります。

 

40歳を過ぎるとこれらの能力がだんだんと衰え始め、依然と同じように身体が動いてくれなくなります。
その為に、その上達効率が下がり始めます。

 

つまり、練習をしても、新しい技術を身につけるのが難しくなるという事です。
さらに、それだけではなく、今まで出来ていた事でさえ、それを維持する事も難しくなります。

 

このように体力や筋力など身体が老化する事はテニスの上達を阻害する大きな原因の一つです。

 

ですが、上達が鈍化する理由はこれだけではありません。
実は体力の衰え以上に大きな理由があります。

 

それは、脳の使い方です。
脳の使い方によって、テニスの上達には大きな差が出てきます。

 

年齢を重ねると、この使い方を間違いがちです。
それが原因でテニスの上達が止まってしまうのです。

 

先ほど、お話ししたように確かに身体の老化はテニスの上達を阻害する大きな原因です。
ですが、もし、老化すると上達する事が出来なくなるのであれば、40歳を過ぎると上達は諦めなければならなくなります。

 

でも、現実はそうではありません。
実は脳の使い方のほうがより大きな影響を与えるのです。

 

その為に、脳の使い方が上手くなれば、年齢に関係なく上達し続ける事が可能になります。
年齢を重ねても上達し続ける為には、ここに大きなヒントがあります。

 

ですから、もし、あなたが年齢と共に伸び悩みを感じていても安心してほしいのです。
上達する方法がないわけではありません。

 

ただ、その為には先ほどもお話ししたように正しい脳の使い方を身につける必要があります。

年齢と共に変わる脳の使い方

小さな子供達は練習を繰り返すと驚くほどのスピードで上達してきます。
これは身体が成長過程である事も大きな理由です。

 

ですが、それ以上に大きな理由があります。
それは脳の使い方です。

 

彼等は無意識のうちにテニスに適した脳の使い方をしています。
理由は脳が発達していく順番にあります。

 

私達の脳は脳幹、辺縁系、新皮質、そして、新皮質は右脳、左脳に大きく分ける事が出来ます。
これらの脳は下記のような順番で発達していきます。

 

脳幹 ⇒ 辺縁系 ⇒ 右脳 ⇒ 左脳

 

右脳は感覚やイメージ、直観などを司る脳です。
それに対し、左脳は理論、理屈、言語などの思考を司る脳です。

 

では、テニスはどの脳を使ってプレーするべきか?
実は右脳を積極的に使う必要があります。

 

これは右脳のみを使うと言う意味ではありません。
脳は分けて使う事が出来ませんので、基本的に全ての脳を使ってはいますが、より優勢に働かせるという意味です。

 

右脳を積極的に使う事で身体はイメージとしてテニスを捉え、身につけていきます。

 

実は小さな子供達が驚異的な速度で上達する一番の理由は右脳をフル活用しているからです。
彼等はまだ、左脳が発達途中な為に理論、理屈を使って、思考しながら練習する事が出来ません。
その為に、自然と右脳をフル活用しています。

 

それが驚異的な速度で上達していく理由です。

 

ところが、年齢を重ねると左脳が発達し始めます。
すると段々、右脳主体ではなく、左脳を主体に使い練習をし始めます。

 

つまり、頭で考え、身体を動かそうとするわけです。
ほとんどの場合、年齢を重ねるほどにこの傾向が強くなります。

 

理由は年齢を重ねる事で知識や情報がよりたくさん蓄積されるからです。
その為に、どうしても、これらの知識や情報を使って、練習しようとしがちです。

 

ところが、先ほどもお話ししたようにテニスは右脳を主体に使わなければ上達する事は出来ません。
にも関わらず、左脳を使って練習をする為にテニスの上達が止まると言うわけです。

 

逆に言えば、40歳を過ぎても、右脳をフル活用するような練習をする事が出来れば、テニスの上達が止まる事はありません。
年齢を重ねても上達し続ける為にはこれが鍵になります。

 

実際に40歳を過ぎてテニスを始めた方でも右脳を働かせるような集中力とイメージ力を使った指導をすると驚くほどのスピードで上達していきます。

 

より詳しく知りたい方は無料レポート「40歳からテニスが上達する秘訣」でその秘訣を学んでみてください。

 

詳細はこちら

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」



無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つ間違い」


もし、あなたが伸び悩みを感じるならそれは5つの間違いが原因かもしれません。
この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ