テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。
もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。

 

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。
この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

「テニスが伸び悩む人の5つの間違い」
正しいボールの打ち方やフォームを覚える事が上達の早道
いつも同じフォーム(動き)で打つ事が上達の早道
技術を頭で理解し、練習する事が上達の早道
フットワークが良くなると上達の早道
テニスは運動神経が良い人が上達できると思っている

 

これを見て「え??」と驚いたかもしれません。
ですが、これらを練習しているとテニスは上達しません。

 

逆にグングンレベルアップする人はこんな練習をしないから上達しているんです。
無料レポートに5つの間違いと伸び悩みを解消する答えをまとめました。
ぜひ、この違いを学んでみてください。

 

フォームや打ち方等の常識を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

 

メールアドレスを登録して、

無料レポート「テニスが伸び悩む5つの間違い」を受け取る!

  *
  *
性別  *
男性 女性
生年月日  *

メールアドレス  *
テニス歴  *
~半年
半年~1年
1年~3年
3年~5年
5年~10年
10年~

以下の内容にご同意の上、お申込みください。
「テニスが伸び悩む5つの間違い」は弊社発行の無料メルマガにご登録いただいた方を対象にお配りする無料レポートです。
無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」にご登録後、こちらから折り返し、PDF、動画の閲覧、ダウンロードページにアクセスする為のID、パスワードをご連絡いたします。
購読中止・解除はメルマガ内リンクよりいつでも自由に行えます。

テニスが伸び悩む5つの間違い ~テニス上達の普遍の原理原則~

「どうして、中々上手くならないんだろう?・・・」
「このまま練習を続けていれば、上手くなるのかなぁ?・・・」
「自分はもうこれ以上、上手くならないのかなぁ?・・・」

 

あなたはこんな疑問や不安を感じる事はありませんか?
テニスは努力と上達度合いは比例しません。

 

限られた練習でもグングン上達する人。
一生懸命練習しても伸び悩む人。

 

テニスの上達スピードは人それぞれ、バラバラです。

 

「どうして人は上達するスピードが違うのだろうか?」
私はテニスコーチを始めて、すぐにこの事を非常に疑問に思いました。
それから、ありとあらゆる情報をかき集めました。

 

そして、大脳生理学と出会い、脳と身体の仕組みを学ぶ事が出来ました。
そのおかげで、一つの結論が出ました。

 

実はテニスがグングン上達する人はテニススクールやインターネットで紹介されているような方法を実践していません。
もし、あなたがこれらの方法を参考にしているなら、この先もテニスは伸び悩む事になるでしょう。

 

それどころか、逆に年齢と共にレベルダウンしていく可能性が高いです。

 

では、「なぜ、テニスが伸び悩んでしまうのか?」
「どうすれば、グングン上達する事が出来るのか?」
その答えがこの無料レポートには書かれています。

 

テニススクールやノウハウDVDなどのノウハウとはまるっきり真逆の「テニス上達の原理原則」です。
ですが、グングン上達する人達はこちらの方法を実践しています。

 

その違いは大きく5つです。
この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

 

興味のある方はぜひ、この機会に手に入れてください。

 

もちろん、間違いは5つだけではありません。
ですが、中でも特に大きな5つだけについて書かせていただきました。

 

興味のある方はこちらから。

メールアドレスを登録して、

無料レポート「テニスが伸び悩む5つの間違い」を受け取る!

  *
  *
性別  *
男性 女性
生年月日  *

メールアドレス  *
テニス歴  *
~半年
半年~1年
1年~3年
3年~5年
5年~10年
10年~

以下の内容にご同意の上、お申込みください。
「テニスが伸び悩む5つの間違い」は弊社発行の無料メルマガにご登録いただいた方を対象にお配りする無料レポートです。
無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」にご登録後、こちらから折り返し、PDF、動画の閲覧、ダウンロードページにアクセスする為のID、パスワードをご連絡いたします。
購読中止・解除はメルマガ内リンクよりいつでも自由に行えます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ