チャンスボールをミスするのは何故?

はじめまして。
たまたまフィーリングテニスのサイトを見つけて、ポイントの取り方の考え方を読み、目から鱗ですごい!と思って読ませていただいています
コンテンツの量が多いのでまだ全部を読めてはいませんが・・
質問を受け付けているとのことで悩みがあるのでぜひお願いしたいと思いメールしました

 

私はスマッシュの時に、強さよりも狙う場所へのコントロールのほうが大事とわかってはいるのですが。どうしてもスマッシュを打つ場面になると
力いっぱい100%で打ってしまいます。
その結果強いボールは打てても相手のいる場所に打って返球されたりして、なんで思いっきり打ってしまったんだ~となることがほとんどです
球出しのときはある程度コントロールしたスマッシュは打てます。
また、スマッシュだけでなく、チャンスボールを打つようなときも、制御不能で力任せに打って後悔することが多々あります。
どんな時も冷静に効果的な場所へ効果的なボールを打てるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

こんにちは。
フィーリングテニスの戸村です。

 

ご質問ありがとうございます。
さて、今回の質問についてですが、チャンスボールに対して、全力で打ってしまう条件反射が出来ているように思います。
具体的な対処法が2つあるので良かったら試してみてください。

 

一つはボールへの集中力を高める事です。

 

全力で打つ時は「ボールを打つ事」に集中しているので、ボールには集中できていません。
まずはこの事に気づく必要があります。

 

本当にボールに集中している時は無駄に力んだ状態でボールを打つ事は出来ないんです。
本当の集中状態では身体はその状況に応じた最適のエネルギーでボールをヒットしてくれます。
逆に言えば、チャンスボールになるとボールへの集中力が低下していると言えるわけです。

 

多分、チャンスボールと言う意識がボールへの集中力を下げるのでしょう。
この違いに気づけるようになると最適のエネルギーでボールを打つようになります。

 

二つ目はイメージの勘違いです。
「チャンスボールは決める物」と言うイメージを持っていないでしょうか?
「チャンスボール=ポイントを取るショット」このようなイメージを持っている場合、往々にして、このような事が起こります。

 

チャンスボールは確かに相手にプレッシャーを与える事ができる場面です。
ですが、だからと言って、そのショットでポイントが取れるとは限りません。
そのショットでポイントを取るのではなく、あくまでも必要なボールをコントロールするだけです。

 

結果的にはそのショットで決まるかもしれませんが、それは相手次第です。
その為に、そのショットが返球される前提でプレーします。
それがボールへの集中力を維持する為にもとても大切な事になります。

 

テニスは陣取りゲームのような物です。
一つのショットでポイントを取るのではなく、展開や配球でポイントを取る楽しさがあります。
これを練習していただけるとだんだん無駄なショットを打つ事はなくなると思います。

 

良かったら、参考にしてみてくださいね。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」



無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つ間違い」


もし、あなたが伸び悩みを感じるならそれは5つの間違いが原因かもしれません。
この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ